FC2ブログ

2013年を振り返る

2013年という一年を一言で表すと、「別れ」が浮かびます。



長く続いた残暑の終わりとともに訪れた、義父との別れ。

至らぬ嫁と麦胡麻みりんを、いつも穏やかな笑顔で迎えてくれた義父でした。
生まれて初めて対面した人の死に、たくさんの葛藤と後悔を抱えたままで送ることになってしまった・・・



それから、義父の闘病中に届いた突然の知らせ・・・・
麦の姉犬のクロネの急死。



茶色の紐を結ばれた黒白の2匹のどちらを引き取るか最後まで悩んだ、という思い入れもあるし、
うちに泊りに来てくれたり京都のクロネ家にも遊びに行った家族ぐるみの付き合いをさせていただいていた間柄。
直前までいつもと変わりなく元気に過ごしていたというクロネ。
ともに、成長を報告しあって慰めあったり喜んできたのに・・・・
突然すぎて未だ信じられません。



もちろん、悲しいことばかりでなく楽しい出来事もありましたよ。



姪っ子作からのプレゼント♪


もうすぐ2013年が終わろうとしていますね。
来年は、良い一年になるといいな。
スポンサーサイト



test

test

17176018_1274125220_51large_20130723120229.jpg

五歳になりました。

2012年10月11日で、麦は五歳に
なりました。

photo:01


photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


photo:09


photo:11


photo:12


photo:13


photo:14


photo:16


photo:18


ブログの更新は怠っていますが、四歳の一年もキャンプ、カヌー、スノーシューなどなど飼い主に連れ回され、( たぶん)一緒に楽しみました。

これまで大きな怪我や病気をせず五歳を迎えてくれて感謝。
これからも私達のパートナーとして健康で日々を愉快に過ごせますように。








iPhoneからの投稿

北海道放浪記3<犬の楽園で束の間の休息編>

 


苫小牧港から北海道に上陸した麦っこ一家。


その日のうちに高速道路を利用して3時間ほど移動し、十勝清水IC付近の「ゲストハウス ラーダニーヴァ」にて快適な一夜を過ごしたワケデ・・・・(北の国から風で)



      8月2日の移動行程

麦と胡麻 with みりん

そこはまるで北のオアシスのような素敵空間だったワケデ・・・・(しつこい?)


広大な牧草地の一角にぽつんと佇む一軒家。

目印になる建物がないのでうっかり通り過ぎてしまうほど(汗)


                 奥の赤い屋根がペンションなの。

麦と胡麻 with みりん


看板を頼りに辛うじて辿りついた我々を、風のガーデンさながらに咲き誇る美しい花々が迎えてくれました。

本州ではとっくに咲き終わったアジサイもここではまだ盛り。


            もしかして天国?

麦と胡麻 with みりん

              間違いない!

麦と胡麻 with みりん

そう、ここは犬の(飼い主にとっても)楽園だったのです。


              看板犬のカオンちゃんがお出迎え。

麦と胡麻 with みりん

庭というか原っぱというか牧草地というか・・・・


どれだけ頑張っても端っこまで到達できないくらい広大な敷地を走りたい放題。

夏は湿度が低い爽やかな気候の中で駆け回り、冬は雪と戯れる。

暑がりワンコさんにとってまさに地上の楽園や~


大型犬100匹に聞きましたアンケートを実施したら、住みたい場所ナンバーわんに輝くこと間違いなし!

若者にとっての代官山か吉祥寺かってくらいダントツで。


              遠近法でちっちゃく見えるカオンちゃん。

麦と胡麻 with みりん

実際はというと・・・・?

       麦の三倍も大きいんだよ。

麦と胡麻 with みりん

こんな環境で毎日散歩できるカオンちゃんがうらやましい~


       湿度が低いからレトリー部が捗る捗る。

麦と胡麻 with みりん


建物は天井が高くどっしりとした山小屋風の造りで、エントランスと一体になった開放感溢れるダイニングは30畳以上あるんでないかな。

この日は他のお客さんがいなかったので、麦は終始フリーダムで飼い主の食事中はダイニングのど真ん中に大の字でごろり。


            食卓の窓から視界に入るのは散々走り回った広場のみ。

麦と胡麻 with みりん

ごはんも最高に美味しい!

野菜と乳製品はさすがに絶品で、ここで供された朝食はこれまで頂いたどこのホテルよりも美味しかった。


           驚くほどボリュームたっぷりの野菜。

麦と胡麻 with みりん


とまあ、熱く語ってしまうほど素敵な宿でした。

もっと滞在したいところですが・・・まだ旅は序盤。

後ろ髪ひかれながら楽園を去った麦っこ一家でした。


              麦はここに残りたいの(心の叫び)

麦と胡麻 with みりん

振り返れば、北海道の長ーい流離いの旅路において麦が一番イキイキとしてた場面だったかもなぁ(大汗)

ここから先は移動続きの苦行なワケデ・・・・


人生楽あれば苦あり。

犬生もまた然りなワケデ・・・・




さてさて、まだまだ旅行記は続きますYO~♪


今回も地図作製でかなり手間取ってしまいました・・・

ルートマップを簡単に作れるソフトないかなぁ

北海道放浪記2<フェリーでの過ごし方編>

 

大洗発苫小牧行きのフェリーに乗り込んだ麦っこ一家。


                              さよなら大洗港。

麦と胡麻 with みりん

東京から北海道へ渡るルートは、空路や陸路、航路を取り混ぜていろいろな選択肢があります。


我が家の場合は、車も運ぶこと、2猫を預かってもらう実家を経由すること、往路では犬も飼い主も体力温存しておきたかったという理由により、同行する麦に19時間の船旅を強いることに・・・

とはいっても、この決断をするまでには利用者のブログを調べたりフェリー会社に確認したりかなり悩んだです。


大洗ー苫小牧航路の商船三井フェリーでは、ペットはペットルームのケージ内保管(有料)で客室や甲板に立ち入ることはできません。

事前の電話確認では、ペットルームは3,4畳程度でケージも中型犬サイズとのこと。

ケージに収まらない大型犬は、各自ケージを持参するように言われていました、が。


乗船した「さんふらわあ ふらの」では、客室フロアの一角に二重扉で隔てられた場所にあるペットルーム。

水道、エアコン、扇風機を備え、想像していたより広々していてとっても清潔な部屋でした(ちょっと犬臭いけど・・)

ケージの大きさは2種類あり、大きい方は22キロの麦が中で立つことができるほど余裕のサイズ。

この日は、二匹だけの利用だったので混雑した船内より快適そう(笑)

一夜を共にした40キロオーバーのシェパード君は、さすがに備え付けのケージはみっちみちなので自前のバリケンを持ってきてそこで過ごしていました。


                        ペットルームにて言い聞かせ中。

麦と胡麻 with みりん

ペットルームは、出航後と到着前のそれぞれ4時間程は入室可能ですが夜間施錠されるため立ち入りできません。

留守番が苦手な麦っこ、最大のピンチ!

しかも飼い主に似て頻尿な麦が12時間ケージに閉じ込められて耐えられるか・・・・かなり不安。


消灯直前まで何度かペットルームに赴き、ケージから出して通路に敷いたペットシーツ上でのワンツーをトライするも全くせず。

結局、下船までトイレしませんでした。


                           飼い主は優雅な船旅を満喫。

麦と胡麻 with みりん


面会時間を過ぎると、飼い主は船酔いする前に酒酔いしちゃえ!作戦でビールをしこたま飲み、早々に就寝。

翌朝は、映画館で釣りバカ日誌にバカウケしたり、ランチのカレーバイキングでお腹を満たして長い船旅をやり過ごしました。


吼えて大暴れするんじゃないかと心配だった麦ですが、こっそり廊下で耳を澄ませていたかんじではすぐに諦めて大人しくケージで休んでいたようです。


                             北海道の空の下。

麦と胡麻 with みりん


そんなこんなで麦っこ一家北海道上陸!


梅雨明け後しばらく涼しい日が続いた東京とさほど変わらない気候だったのと、空港到着の場合と異なり車に乗ったままフェリーから下船したので北海道に上陸した実感があまりないなぁ。

ささっと苫小牧港で麦のトイレを済ませて東に車を走らせます。


                            北海道らしいところ発見・・

麦と胡麻 with みりん

                              夕張メロン~♪

麦と胡麻 with みりん

途中で道の駅に立ち寄り夕張メロンやソフトクリームを買い食いしながらも、日暮れ前に十勝清水に到着。

北海道一泊目は、フェリーで頑張った麦っこのために予約していたのでした。

麦と胡麻 with みりん

着いてびっくり!

広大な敷地に建つ素敵ペンションでした。

もちろんワンコOKで、建物もお部屋もゆとりの北海道サイズ~♪


麦と胡麻 with みりん


軽く散歩して夕飯を食べて、即爆睡の麦。

これから先もキビシイ旅になるからしっかり休んでおくれ。


                                  Zzzzz・・・

麦と胡麻 with みりん



2011年8月2日(火) 十勝清水「ゲストハウス ラーダニーヴァ」で一泊!


プロフィール

Hicoro

Author:Hicoro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR